★会社設立、VISA、労働許可書、会計、各種許可証 ★物販事業開設

Menu design labo (Thailand) Co.,Ltd 近藤かおり

●ご挨拶

私自身がタイで会社を立ち上げ、約10年間飲食店様を中心とする企業様と共に歩んできました。
これからもリアルな経験を生かし、誠実な対応に取り組んで行きたいと思います。
設立、会計、各種許可証、ビザ取得などの業務は、海外で事業を行っていくためには大事なところです。
立ち上げ屋さんではなく、※弊社の強みである販売促進事業(デザイン・販促提案・SNSマーケティング広告)などそれからを一緒に頑張りたいからこそ、より良いご対応を出来るのだと心から申し上げます。

●アカウティング会社様との関係について。(ASIA VISA CONSULTING CO.,LTD.) 

安心できるご対応のため、弊社と同じアカウティング会社様にて基本的にはサポートさせて頂きます。(他社も可)

私も経営者として様々なことに取り組んでまいりました。私が窓口を致しますので、お客様は何でも日本語で気兼ねなくご質問頂ければと思います。業務提携を致しておりますので、支払い関係などは直接のお取引を行って頂けます。タイ人経理担当者様は直接タイ人担当者にお問合せ頂けます。

※名刺印刷など、弊社と業務関係があることで、ちょっとしたご相談でもしやすいというご評価を頂けております。

急速に進化を続ける物販事業サポートについて

タイのLINE、インスタ、faceBookを中心とするSNS普及率の高さは有名です。
コロナによる更なるネット利用の成長と交通渋滞の不便により、オンラインとSNS情報からの物販事業は拡大を続けています。中国のアリババサイトのリーディングカンパニーである東南アジア最大のLazadaサイトは2018年-2022年DGP成長率5.2%、利用者の中心は20~40才、2025年にはEコマース市場16兆円規模になると見通しされています。その他数々の販売市場が存在します。とは言え、実際に巨大すぎるマーケット市場で物を売ることはとても大変なことです。更にタイはローカル企業としての登録がなければ参入できません。会社設立をすると、会社経費と家賃、人件費を維持した上で、更にネットマーケティングを考えていくにはそれなりのレベルの人の雇用やコンサルタントに依頼をしなければなりません。それから売る努力をして、結果はどれだけ先にあるのかは分かりません。
まずは気軽なスタートをと考えれば、荷受けを出来るパートナーを探して物流の形を作りたい。しかしその先はどうしたら良いのでしょうか?誰が売ってくれるのでしょうか?

★弊社では(輸入許可)(FDA)(OEM)の申請など必要に応じた許可をアカウティング会社で行い、ワンストップで、ネットショップへの商品出店や、営業代行を行っていきます。

私も常々苦労しておりますが、エンドレスに続く人材への出費と教育への労力は想像以上です。
日本語可人材の雇用⇒ 全般業務通訳翻訳・リサーチ業務・勤務管理・入社退社手続・面接・求人管理など

経理事務員の雇用⇒ 振込・支払・経費精算・請求発行・記帳など

SNS・Web管理の雇用⇒ SNS更新・サイト運用代行・画像編集・翻訳など

営業マンの雇用⇒ 商品販売教育、営業、業務管理、多言語対応など

タイ人株51%パートナーとの契約維持

などの人事管理から解放されることと、不正防止・コストを最小限に抑えられ、経験値の高い人材を利用できます。

★費用は、商品数や内容により20~30万円程でスタート出来ます。あとは倉庫代月2~3万円の維持費と通信料金のみとなります。その他にかかる費用は販促物や事業にかける費用だけです。弊社は販売のためのサポートに勤め、基本的には売上の30%を弊社の利益とさせて頂きます。

●バンコク進出 ※コロナの影響は都度ご相談ください。

(進出決定からOPENまで、約3ヶ月間)
・サポート内容
① 物件紹介・物件契約
② 会社設立・株主選定
③ 飲食店営業許可関係一式(レストラン・アルコール・タバコ・VAT)
④ 社会保険登録
⑤ 銀行口座開設
⑥ VISA・WP(労働許可書)取得
⑦ 内装・厨房機器など各種ご紹介(備品・消耗品・食器・食材・酒・飲料など)
⑧ 住居・海外保険などの各種ご紹介
⑨ クレジットカード登録⑩ 各種ツール制作( メニューブック、販促物、広告、SNSマーケティング、求人)

・費用
 会社設立許可関係一式
 ②~⑤資本金200万Bの設立の場合、ご予算約60,000B(1B=3.3~3.5円、20万円前後)
 ⑥ 日本人1名の新規取得の場合、ご予算約60,000B(1B=3.3~3.5円、20万円前後)

※それ以外で進出にかかる費用は、物件契約、家賃、内装費用、各種製作物など、日本で飲食店をつくるのと同じくらいと考えて頂ければOKです。日本と割合は違いますが、だいたいの進出した飲食店様は日本よりちょっと高いぐらいと仰います。物件の居抜き金額は様々ですので、所々ご検討ご相談ください。





●バンコク視察 
※コロナの影響は都度ご相談ください。 

・費用 
飲食代と車代別(レンタカーが必要な場合のみ)

1~3で、ご予算は1日10万円(タクシー1台で移動可能のため。)
・内容一例

 午前

バンコク進出についてのレクチャー Q&A
メニューデザイン研究所製作の繁盛店メニューなどを見ながらのQ&A

ショッピングモール、商業施設の案内と説明
 午後

商業施設、又は路面店での昼食・休憩、マッサージなど。(一旦解散でもOKです。)
事前打合せにより、物件のご案内をいたします。(タイでは不動産会社を通さなくても直接物件契約が出来るため、店舗物件の情報だけの提供はありません。仲介業者さんに希望を伝えて探してもらうのが基本です。もちろん自分で見つけた物件があれば、商談と契約から依頼することも可能です。)
繁盛店視察3~4件 深夜営業店舗 Bar Snack などもご案内できます。

※弊社のお客様であれば、店舗責任者やオーナー店長との簡単な商談時間もとれます。 (リアルな声を聞くことが出来ます。他にはない繁盛店視察が出来ます。)

●参考価格(税抜き)

ASIA VISA CONSULTING CO.,LTD.参照 

ビザ新規取得(3ヵ月+1年) 47,000B
ビザ切り替え 29,000B
ビザ延長 29,000B、
ビザ延長(書類に不備がない場合) 23,900B
ワークパミット労働許可新規・延長 11,100B
リエントリーマルチ 5,000B
リエントリーシングル 2,200B
90日リポート 350B
会社設立 定款登録(資本金200万B)25,000B
会社設立 定款登録(資本金500万B~)42,500B
定款変更 6,000B
住所変更 6,000B
社名変更 9,000B
株主取締変更等登記簿変更 9,000B
VAT登録 サイン権者登録 6,000B
サイン権者変更  6,000B
社会保険登録(会社設立時の全員分) 4,000B
社会保険登録 追加一人 500B
公的書類書類複写1枚 500B
飲食店の許可等 9,000B~
酒・たばこ販売許可 6,000B
銀行口座開設 3,000B
クレジットカード登録 3,500B